ワイド派に人気のナナヒロや神秘の青の洞窟、地形派・マクロ派に人気のカシマ前ビーチなど初心者からベテランまで大満足のポイントをご紹介します。

ダイビングポイント

ポイントをクリックすると詳細をご確認いただけます。

  • カシマ前ビーチ
  • 竹野浜
  • 新港
  • 青の洞窟
  • ナナヒロ
  • 青の洞窟
  • 赤島
  • 西鼻
  • 東鼻
  • 鷹の巣
  • 一文字
  • 赤島
  • カシマ前ビーチ
  • ナナヒロ
  • 西鼻
  • 新港
  • 東鼻
  • 鷹の巣
  • 一文字
  • 竹野浜

オヤマグリ(通称:ナナヒロ)

人気No.1ポイント

中級~上級 最大水深:45m
東西に伸びる大きなカクレ根。竹野、猫崎を代表するポイントです。
  • ナナヒロ(通称:オヤマグリ)で撮影
  • ナナヒロ(通称:オヤマグリ)で撮影
  • ナナヒロ(通称:オヤマグリ)で撮影
  • ナナヒロ(通称:オヤマグリ)で撮影
  • ナナヒロ(通称:オヤマグリ)で撮影

青の洞窟

シュノーケリングでも人気のポイント!
ダイバーは水面と水中の両方を楽しめます。

初級~ 最大水深:10m
洞窟の奥が吹き抜けになっているので、降り注ぐ陽光が青さを作り出します。ウミウシがたくさん観察できます。
  • 青の洞窟で撮影
  • 青の洞窟で撮影
  • 青の洞窟で撮影

赤島(アカジマ)

初級~ 最大水深:20m
地形派もマクロ派も大満足なポイント。大物から小物まで多種多様な生物に出会えます。
  • 赤島(アカジマ)での撮影
  • 赤島(アカジマ)での撮影
  • 赤島(アカジマ)での撮影

西鼻(ニシバナ)

初級~ 最大水深:22m
入り組んだ根などが地形派ダイバーに人気。
  • 西鼻(ニシバナ)での撮影
  • 西鼻(ニシバナ)での撮影
  • 西鼻(ニシバナ)での撮影

東鼻(ヒガシバナ)

初級~ 最大水深:20m
夏前には美しいミズクラゲの大群が現れます。
  • 東鼻(ヒガシバナ)での撮影
  • 東鼻(ヒガシバナ)での撮影
  • 東鼻(ヒガシバナ)での撮影

鷹の巣(タカノス)

初級~ 最大水深:17m
神秘的な洞窟があります。
  • 鷹の巣(タカノス)での撮影
  • 鷹の巣(タカノス)での撮影
  • 鷹の巣(タカノス)での撮影

一文字(イチモンジ)

初級~ 最大水深:12m
とにかく魚影が濃いポイントです。
  • 一文字(イチモンジ)での撮影
  • 一文字(イチモンジ)での撮影
  • 一文字(イチモンジ)での撮影

カシマ前ビーチ

春はダンゴウオやスナビクニン
水深8m付近で見ることができます。

初級~ 最大水深:18m
サービスの目の前からエントリー。ボートポイントと比べても遜色ありません。岩場が複雑に入り組んでいて範囲が広く、、見どころがたくさんあります。
  • カシマ前ビーチでの撮影
  • カシマ前ビーチでの撮影
  • カシマ前ビーチでの撮影
  • カシマ前ビーチでの撮影
  • カシマ前ビーチでの撮影

アーチ

水深:10m
大小2つのアーチがあります。
  • アーチでの撮影
  • アーチでの撮影

マーメイドウィンドゥ

水深:6m
洞窟のようになっていて、少し狭い入り口をくぐると天井の岩の隙間から光が降り注ぎます。人魚が窓を覗き込んでいるかのように見える神秘的なポイントです。
  • マーメイドウィンドゥでの撮影
  • マーメイドウィンドゥでの撮影

オオケツの穴・フラスコ

水深:
オオケツの穴は自然に出来たもので、冬の大時化の度に少しずつ削られ大きくなります。その先のフラスコもまた光が差し込むと幻想的です。
  • オオケツの穴・フラスコでの撮影
  • オオケツの穴・フラスコでの撮影
  • オオケツの穴・フラスコでの撮影

竹野浜

最大水深:
竹野浜海水浴場のテトラポット奥。砂地に指す陽光は沖縄にも負けません。
  • 竹野浜での撮影
  • 竹野浜での撮影
  • 竹野浜での撮影

新港

最大水深:
カシマ前ビーチが時化ていても潜れるポイントです。
  • 新港での撮影
  • 新港での撮影
  • 新港での撮影